子供の便秘

便秘を改善するお茶としてしられる「便秘茶」。

便秘茶は子供でも使用することができますが、大人向けに作られている製品なので子供が使用するときは薄めるなどの工夫をしたほうがよいです。

では、具体的に何歳から便秘茶を使用できるのか?乳児でも使用できるのか?そんな気になる疑問に答えていきます。

便秘茶は子供・乳児に使用することができる?

幼児は便秘茶を使用することができませんが、6才以上の子供であれば使用してもよいといわれています。

胃腸の発達がまだまだ未熟な乳幼児には、便秘茶にふくまれているキャンドルブッシュの成分は刺激が強すぎてしまうからです。

小学校に通っているお子さんであれば便秘茶を使用することができますが、大人向けに作られている製品なので、はじめは飲む量を少なくし、抽出時間を短くして使用するとよいと思います。

子供の便秘がどうしても治らないようであれば、便秘茶を使用してみてはいかがでしょうか。

6才以下の子供の便秘の治し方

6才以下の便秘を治すために病院へいくと、浣腸をする、もしくは下剤薬を処方されるケースが多いです。

病院で処方される下剤薬で便秘を治す

下剤薬を子供に飲ませても大丈夫なの、と思うかもしれませんが、酸化マグネシウムの下剤薬であれば慢性化するタイプの下剤ではないので子供に服用しても問題ありません。

下剤薬を大きく分けると2種類になり、慢性化するのは酸化マグネシウムの下剤薬ではなく、アントラキノン系の下剤薬にあたります。

アントラキノン系の下剤薬は即効性が高いものの、ぜん動運動をさらに弱めてしまう副作用がありますので、薬の使用を続けると自然な排便がおこなわれなくなり、下剤薬を服用しなければ便が排出されない体質になります。

常用を続けると腸が薬にだんだん慣れてくるので規定の処方量では、効き目が感じられなくなります。

このように下剤薬の服用を辞めれない人のことを「下剤薬依存症」といい、こうなると下剤の慢性状態にあるといえます。

しかしもう一方の酸化マグネシウムは重要な必須ミネラルを補う薬になりますので、腸内の水分量を増やして便を柔らかくして排出させます。

酸化マグネシウムは、アントラキノン系の下剤のようにぜん動運動を刺激するものではないので服用を続けても慢性化しません。

6才以下の子供が処方される下剤薬のほとんどは、酸化マグネシウムになりますので使用しても問題ないと考えられていますが、あくまで一時的な効果しか得られないので根本的な改善にはいたらないところがネックです。

浣腸で便秘を治す

また、浣腸も一時的な効果となります。

浣腸をして刺激することで溜まった便を排出することはできますが、効果の持続性はないため根本的な解決にはなりません。

では、どうしたら子供の便秘を根本的に改善することができるのでしょうか。

そんな悩みをかかえているなら、子供にも使用できる「するっと抹茶」という便秘茶を試してはいかがでしょうか。

子供に「するっと抹茶」をおすすめする理由

するっと抹茶

子供の便秘に「するっと抹茶」をおすすめする理由は、浣腸や酸化マグネシウムなどの一時しのぎの効果ではなく、安全に便秘を根本から改善する効果が期待できるからです。

腸内の善玉菌を増やすことができるから

腸内には、悪玉菌と善玉菌、強いほうの見方をする日和見菌という細菌が住んでいます。

善玉菌と悪玉菌は絶えず勢力争いをしているのですが、善玉菌よりも悪玉菌が優勢状態になると同時に、ぜん動運動が弱まり便が排出されづらくなります。これが便秘の症状です。

するっと抹茶には、善玉菌を増やすといわれているビフィズス菌の餌となるオリゴ糖が含まれています。

毎日するっと抹茶を飲むことで善玉菌がだんだん増えていき、やがて善玉菌が優勢な状態を作ることができるのです。そうなれば根本から便秘を改善したことになります。

ノンカフェインだから

するっと抹茶は、カフェインのほか、防腐剤、添加物、保存料もいっさい含まれていないので、体に優しい成分のみで作られています。

ノンカフェインなので子供はもちろん、妊婦さんでも安心して使用することができます。

下剤成分を使用していないから

するっと抹茶は、子供に使用したくない下剤成分を一切含んでいません。下剤成分はもちろん、便秘茶によく含まれているキャンドルブッシュの成分も含まれていないので、6才未満の子供でも安心して飲むことができます。

下剤薬なしで子供の便秘を改善するなら「するっと抹茶」がおすすめ

するっと抹茶

  • 腸内の善玉菌を増やすことができる
  • ノンカフェイン
  • 下剤成分を使用していない

するっと抹茶は、子供でも使用できる安心の便秘茶です。

するっと抹茶の公式サイトはこちら