コーラックの写真

大正製薬から販売されている便秘薬としておなじみのコーラックは、非常に強い効き目があります。

しかし飲み続けると効果がなくなり、最終的には大腸の機能を低下させて、便秘が悪化してしまう恐れがあります。

では、一体なぜコーラックは飲み続けると効果がなくなるのでしょうか。

またどうして大腸の機能を低下させてしまうのでしょうか。

本当にコーラックを飲み続けると効果がなくなるのか、便秘を悪化させる原因などを詳しく説明していきます。

コーラックは正しく服用すれば便秘に有効な便秘薬です。

オッケー

どうしても便秘が治らなくてコーラックを服用したいという人は、効能や副作用をよく知ったうえで服用するようにしましょう。

コーラックは飲み続けると効き目がなくなるって本当?

コーラックの写真

コーラックは飲み続けると、本当に効き目ががなくなります。

なぜかというと、「刺激性下剤」という腸を刺激して排便を促すタイプの下剤だからです。

様々な便秘薬がある中、これは効果が強い部類の下剤薬で習慣性があります。

習慣性とは、長期間にわたり薬の服用を続けると耐性がついて徐々に効き目がなくなり、薬が手放せなくなる状態のことです。

コーラックを飲み続けると身体が薬の成分に慣れて、同じ量を服用しても排便できなくなります。

ようするにコーラックの服用を続けると、便秘薬としての効き目を感じられなくなるのです。

コーラックは飲み続けると危険!下剤依存症になる可能性がある

効き目がなくなったらコーラックの服用する量を増やせば良いと思われるかもしれませんが、これらの便秘薬は用法・用量をきちんと守らないと、「下剤依存症」になってしまいます。

下剤依存症は、コーラックのような腸を刺激して強制的に働かせる下剤薬を毎日服用したり、大量摂取したりすることです。

コーラックのような習慣性のある薬を服用し続けている人は、毎日手放せなくなっていませんか。

こうなると便秘が悪化してしまい、最終的に腸が自ら機能しなくなります。

下剤で腸を刺激しない限り、自然に便意を感じられない身体になります。

下剤依存症は薬物依存と同じで、一度手をつけると歯止めがきかなくなるケースが多いです。この危険性を忘れないでください。

重度の便秘で下剤薬がないと排便できない人や、下剤ダイエットをして大量に下剤を摂取している人は下剤依存症の可能性が非常に高いです。普段の食生活などを見直し、早急に医師の診察を受けることをおすすめします。

コーラックの副作用は?

コーラックに含まれる成分が効きすぎてしまうと、激しい腹痛・吐き気・嘔吐などの引き起こします。

吐き気・嘔吐の症状は、本来ならば腸で溶けるはずの錠剤が、胃の中で溶けてしまうことによって引き起こされます。

ストレスが溜まっているような胃が弱っている状態では、なるべく服用しないようにしてください。

また副作用が起きてしまったときは、ただちに服用を中止し、症状がおさまらない場合や悪化してしまった場合はかかりつけの病院へ相談しましょう。

コーラックで便秘が悪化するのは「ビサコジル」という成分が原因

コーラックにはビサコジルという成分が含まれています。便秘が悪化するのはこのビサコジルの効能が原因です。

ビサコジル

便秘を改善する成分で、大腸の副交感神経末端に作用してぜん動を高めるほか、腸粘膜に直接作用して排便反射を刺激し、排便を促進します。また、結腸の中で便の水分が吸収されすぎるのを抑え、自然に近いお通じを促します。

ビサコジルが副交感神経を刺激すると、神経を伝える物質が放出されて、便意をもよおしたり、ぜん動運動(腸が便を排出させるために動くこと)を活性化させたりします。

簡単にいうと、ビサコジルは腸を直接刺激して便を排出させる成分です。

この成分が含まれるコーラックを服用し続けることは、強制的に腸を刺激し続けるということです。

身体はだんだん自力で腸を働かせなくなり、大腸の中は「大腸メラノーシス」という真っ黒な状態になります。

大腸メラノーシスになると大腸の機能が低下しているので、コーラックの服用をやめても自然に排便することはできません。

こうなってしまうと、再度薬を服用して排便、さらに大腸の機能が低下というような悪循環が続きます。そして、だんだん便秘が深刻化していきます。

ようするに、ビサコジルが便秘を悪化させる直接的な原因なのです。

効きすぎたらコーラックの種類を変えてみよう

コーラックは第二類医薬品といって、副作用で日常生活に支障をきたす恐れがある便秘薬です。

そのため薬剤師や登録販売者がいる薬局やドラッグストアでしか購入することができません。

コーラックを服用する場合には、自分に合っている種類を選びましょう。

5種類のコーラックの情報を簡単にまとめたので参考にしてみてはいかがでしょうか。

服用するのが不安な人は、薬剤師や登録販売者に相談してください。

しっかりシリーズ

しっかりシリーズは「コーラック」「コーラックⅡ」「コーラックファースト」の3種類あります。「ピンクの小粒コーラック」でおなじみのように、ピンク色の小さな錠剤タイプです。

コーラック

コーラック

効果 慢性便秘、常習性便秘
用量 大人 1日2錠
価格 980円(60錠 )
コスト 1日あたり約33円
成分 ビサコジル、添加物(白糖、タルク、アラビアゴム、ヒマシ油、メタクリル酸共重合体S、メタクリル酸共重合体L、トウモロコシデンプン、ステアリン酸Mg、グリセリン、酸化チタン、乳糖、赤色3号、カルナウバロウ、サラシミツロウ、マクロゴール)

コーラックⅡ

コーラックⅡ

効果 便秘、便秘に伴う症状の緩和(頭重、のぼせ、肌荒れ、食欲不振など)
用量 1日1回 1〜3錠(15歳以上) 1〜2錠(11〜14歳) 11歳未満服用できない
価格 650円(40錠)
コスト 1日あたり約49円
成分 ビサコジル、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、添加物(乳糖、無水ケイ酸、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、アラビアゴム、白糖、タルク、酸化チタン、メタクリル酸共重合体S、メタクリル酸共重合体L、ヒマシ油、赤色3号、マクロゴール、カルナウバロウ、サラシミツロウ)

コーラックファースト

コーラックファースト

効果 便秘、便秘に伴う症状の緩和(頭重、のぼせ、肌荒れ、食欲不振など)
用量 1日1回1〜4錠(15歳以上) 1〜3錠(11〜14歳) 11歳未満は服用できない
価格 500円(20錠)
コスト 1日あたり約100円
成分 ビサコジル、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、添加物(乳糖、無水ケイ酸、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、アラビアゴム、白糖、タルク、酸化チタン、メタクリル酸共重合体S、メタクリル酸共重合体L、ヒマシ油、赤色3号、マクロゴール、カルナウバロウ、サラシミツロウ)

これら3つの決定的な違いは、「ビサコジルの含有量」と「ジオクチルソジウムスルホサクシネートが含まれているか」ということです。

ビサコジルの含有量ですが、コーラックとコーラックⅡは1錠あたり5mgに対して、コーラックファーストは1錠あたり2.5mgと半分しか入っていません。

ビサコジルの効き目が心配、という人にはまずはコーラックファーストのほうから飲むことをおすすめします。

またジオクチルソジウムスルホサクシネートは、コーラックに含まれていません。

この成分には腸を刺激せずに便に水分を含ませる働きがあるので、硬くなって出ないという便にも有効です。

やさしいシリーズ

やさしいシリーズは「コーラックハーブ」「コーラックファイバー」の2種類です。コーラックハーブは錠剤で生薬由来の成分が配合されています。

コーラックハーブ

コーラックハーブ

効果 便秘、便秘に伴う症状の緩和(頭重、のぼせ、肌荒れ、食欲不振など)
用量 1日1回 1〜2錠(15歳以上) 15歳未満は服用できない
価格 850円(21錠)
コスト 1日あたり約81円
成分 センノシド、甘草エキス末、添加物(セルロース、クロスカルメロースNa、ステアリン酸Mg、タルク)

コーラックファイバー

コーラックファイバー

効果 便秘、便秘に伴う症状の緩和(頭重、のぼせ、肌荒れ、食欲不振など)
用量 1日2回 1回1〜2包(15歳以上) 15歳未満は服用できない
価格 950円(12包)
コスト 1日あたり約317円
成分 プランタゴ・オバタ種皮、ケツメイシ乾燥エキス、センノシド・カルシウム、チアミン硝化物(ビタミンB1)、パントテン酸カルシウム、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、添加物(赤色102号、黄色5号、青色2号、香料、エチルバニリン、グリセリン、バニリン、プロピレングリコール、白糖)

コーラックファイバーは顆粒タイプの植物性の便秘薬で、整腸成分も配合されているため、コーラックハーブ以上にやさしい便秘薬です。

コーラックファイバーは1日あたりのコスパが悪いですが、お腹を壊しやすい人や下痢にならないか不安だという人には、コーラックファイバーから飲むことをおすすめします。