どくだみ茶

どくだみ茶は10種類の健康効果があることから「十薬」ともいわれており、そのうちのひとつとして便秘解消効果があげられます。

今回は、どくだみ茶と便秘解消のメカニズムについて説明していきます。

どくだみ茶とは?

どくだみ茶とは、東アジア地域に分布するドクダミ科の多年生草本(たねんせいしょくぶつ)を焙煎したお茶のことです。

毒を抑えることからドクダミといわれており、昔から漢方薬としても用いられています。

こちら

ドクダミには高いデトックス作用があるクエルシトリンのほか、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB2、K、ナイアシン、パントテン酸、コリンなどの豊富な成分が含まれています。

便秘解消におすすめのどくだみ茶

どくだみ茶はクエルシトリンやマグネシウム、カリウムなどの成分が含まれていることから、便秘改善に有効なお茶だといえます。

なぜ便秘に効くのかというと、クエルシトリンには腸のぜん動運動のはたらきを促す緩下作用があるうえ、ミネラルの一種であるカリウムとマグネシウムには便のカサを増して柔らかくする排便作用があるからです。

またどくだみ茶に含まれているビタミンには腸粘膜を守るはたらきがあります。

ストレスを受けて腸粘膜が傷つくと下痢などの症状を起こしやすくなりますので、そんなときは暖かいどくだみ茶で腸をいたわるといいです。

その他のどくだみ茶の効果・効能まとめ

アトピー性皮膚炎や花粉症のアレルギー対策

腸や胃が整うことでアトピー性皮膚炎や花粉症のアレルギー症状が緩和されます。

これらのアレルギー症状はおもに胃や腸のはたらきが弱くなることで起こります。ビタミンの腸を保護する作用と、クエルシトリンのデトックス作用が合わさることで腸のはたらきが活性化されて症状が和らぐのです。

どくだみ風呂という入浴方法があるほど、どくだみの葉はアトピーに有効だといわれています。

身体のかゆみや赤みが収まらないようでしたら、どくだみ風呂を試されてみてはいかがでしょうか。

ニキビ・吹き出物

老廃物や毒素が溜まるとニキビや吹き出物ができやすくなります。

老廃物や毒素が溜まると皮脂分泌が過剰に分泌され、毛穴に汚れが溜まりやすくなりニキビができるからです。

どくだみ茶に含まれているカリウム、クエルシトリンには老廃物や毒素を排出する高いデトックス効果がありますので、ニキビ・吹き出物改善の効果が期待できるといえるでしょう。

高血圧と動脈硬化を防止

高血圧は血管にかかる圧が正常よりも高くなるため、脳の血管が破裂して脳出血を引き起こす可能性があります。

さらに血管に高い圧力がかかると血管の壁が厚く硬くなり、動脈硬化を引き起こします。

どくだみ茶に含まれるカリウムには、血圧の上昇を促進してしまうナトリウムを身体の外へ排出する効果があり、高血圧を改善します。

高血圧を改善すれば、同時に動脈硬化を防止できるため、どくだみ茶には高血圧と動脈硬化を防止するはたらきがあるのです。

その他の効果・効能

どくだみ茶には次のような効果・効能も期待できます。

心臓病の予防、膀胱炎、むくみ、生理不順解消、冷え性予防、糖尿病予防、肩こり、動脈硬化防止、デトックス効果、あせも、ダイエット効果

どくだみ茶には副作用がある?

昔からどくだみ茶は長く続けて飲まないほうがよいといわれています。

ドクダミに含まれているマグネシウムは医療機関で下剤薬として用いられているもので、飲み過ぎると逆に下痢や腹痛などを起こすことがあるからです。

ドクダミに含まれているカリウムには余分な水分を排出するはたらきがあるのですが、こちらもまた飲み過ぎたり、腎臓が弱い人が飲むと血中濃度があがりすぎてしまい高カリウム血症を起こすことがあります。

どくだみ茶は副作用を起こす可能性がありますので、飲み過ぎ、長期的な飲用は避けたほうがいいでしょう。

妊娠中はどくだみ茶を飲まないで!

どくだみ茶はノンカフェインなうえ、タンニン量も少ないという理由から、産婦人科医の中には妊娠中に飲用しても問題ないという人もいます。

しかし高カリウム血症や、肝機能検査値の上昇などの副作用がいくつか報告されていますので、妊娠中に飲むのは避けたほうがよいと考えられます。

妊娠中の便秘に悩んでいるなら「妊娠中・産後でも安心して使用できるおすすめの便秘茶」の記事も合わせてご覧ください。

妊娠中にどくだみ茶を飲用したとしても飲みすぎないようにしたり、薄めて飲んだり、体質に合わない場合は飲用を中止することをおすすめします。