腸閉塞の女性

便秘になると腸閉塞になると聞いたことがありませんか。

長期間の便秘の症状と合わせて、吐き気や腹痛がある場合は、腸閉塞である可能性が考えられます。

便秘による腸閉塞をそのまま放っておくと、腸が傷ついて破裂したり、腸に血液がめぐらなくなって壊死したり。最悪の場合は死亡する可能性すらある病気です。

腸閉塞の症状に当てはまる人は、腸閉塞の原因や症状を早急に確認しておきましょう。

便秘も腸閉塞の原因のひとつ

腸閉塞の原因のひとつとして便秘が挙げられます。

腸閉塞はその名の通り、腸内の便の通り道が閉じてふさがってしまうことです。

便の通り道がふさがると、腸内にどんどん便やガスがたまり、強い腹痛や嘔吐などの症状が出ます。

腸閉塞にはいくつか種類があり、原因によって症状が異なります。

こちら

腸閉塞を発症した場合の治療法を知っておきましょう。

腸閉塞の種類はいくつもある

腸閉塞は原因や症状によって、種類が変わります。

腸壁同士がくっついてねじれる腸捻転、腸が肛門から飛び出してしまう脱腸なども総称して、「腸閉塞(イレウス)」といいます。

腸閉塞は大きく分けると、「機械性イレウス」「機能的イレウス」の2種類です。

機械性イレウス

機械性イレウスとは、ポリープや腫瘍、腸捻転、脱腸などを発症したことが要因となって腸に内容物が詰まることです。

腫瘍ができて腸が狭くなり、うまく便が通れずに詰まってしまう閉塞性イレウス、腸捻転などにより腸がねじれて血液が流れなくなる絞扼性イレウスなど。その他にもさらに種類があります。

これらの直接的な原因を解決しなければ、機械性イレウスが治ることはありません。そのため治療は基本的に手術をおこないます。

機能的イレウス

機能的イレウスには、腸の働きが悪くなり、腸にたまったものが排出できなくなる麻痺性イレウス、腸の一部がけいれんする痙攣性イレウスがあります。

腸の能力が衰えることが原因なので、腸を動かして溜まったものを排出する治療が必要です。

軽度であれば、薬や点滴で腸を動かすような治療で改善していきます。

重度の場合は腸を動かす治療のほかに、腸にたまったものを外に出すための管(イレウス管)を鼻から小腸に入れます。

それでも改善しないときは、手術になるケースが多いです。

便秘は「宿便性イレウス」と言われている

便秘が原因の腸閉塞は、前述とは別に「宿便性イレウス」などと言われています。

便秘で何日も排便できず、腸内に便が詰まっている状態が続くと、「潰瘍腸閉塞」という腸壁が傷ついてただれてくる症状が起きます。

こうなると、腸壁が破れて便が腸の外に出てしまう「腹膜炎」を発症することがまれにあります。

糞便性イレウスの治療法は、便秘を解消するしかありません。

糞便性イレウスになっても、薬の力を借りて便を自力で出すか、症状が悪化して腸が破裂・壊死して手術をするか、という2択になってしまいます。

つまり、糞便性イレウスを治すには、とにかく便を出すしかないということです。

便秘による腸閉塞の症状とは?おならが出ない人は注意

これらの症状が出た場合は、腸閉塞である可能性が考えられるため、早急に医療機関を受診しましょう。

初期症状

  • お腹がパンパンに腫れる
  • おならが出ない
  • 強い腹痛を感じる
  • 嘔吐をくりかえす

悪化した場合の症状

  • 立っていられないほどの腹痛
  • 吐いたものが便のニオイ

すこしでも腸閉塞の疑いがある場合は、市販の下剤薬の服用を避けてください。

下剤薬は腸を刺激してしまうため、便の詰まった部分が動いて腸壁が傷つき破裂し、そのまま症状が悪化して腸が壊死するおそれがあるからです。

先ほど例示した症状に加えて、下痢の症状がある場合は、腸閉塞の可能性が下がります。

しかし、あくまで可能性が下がるだけでゼロではありませんので、身体に異変を感じるときは早急にかかりつけの医師に相談するのが適切です。

便秘が原因の腸閉塞の治療法とは?入院期間はどのくらい?

便秘が原因の腸閉塞の治療法は、便秘を解消することです。

そのため、病院でも下剤や浣腸を処方して自力で便を出させるか、摘便などの方法をとる必要があります。

もしも便秘が原因で腸閉塞を発症して、そのあと腸が破裂してしまったときは緊急手術が必要になります。

さらに腸が破れて壊死した場合、その部分を切除して残っている部分を縫い合わせます。

手術後経過によっては入院期間が1ヶ月以上にもおよびます。

こういった大手術を避けるためには、お通じが良くなるような食事を心がけたり、有酸素運動をしたり、普段から気をつける必要があります。

便秘で腸閉塞を発症して死亡するケースも

日本でも、1998年に当時21歳だった女性が便秘による腸閉塞で死亡しました。

このニュースをきっかけに、「便秘は放っておくと死につながる」という認識が一気に広まりました。

腸閉塞を発症するとお腹に激痛が走って立てなくなったり、意識障害を引き起こして倒れたりするので、そのまま救急搬送されるケースが多いです。

しかし、この女性は自宅にひとりきりだったため、救急車や助けを呼ぶことができずにそのまま亡くなってしまいました。

便秘による腸閉塞で死亡するケースは世界でもまれにしか起こりません。しかし、便秘を放っておくと腸が破裂したり、意識障害を引き起こしたりすることがあります。そうなると長い入院生活や、長期間の通院を余儀なくされてしまいますので、たかが便秘と思って放っておいてはいけません。
その長引いている便秘は腸閉塞の危険性がある

便秘が長引くと腸閉塞になります。便秘による腸閉塞の場合はお腹の痛みが非常に強く、立っていられないほどです。

何日も便が出ていない状態で嘔吐したり、前兆がとくにあらわれずにお腹に激痛があったりした場合、腸閉塞を発症しているかもしれません。

近年、子供や乳児にも便秘症が増えてきているので、小さなお子さんの便秘も悪化すれば腸閉塞を引き起こす可能性が十分あります。

便秘が腸閉塞につながり、最悪死の危険性があると考えると、やはり便秘は早急に解決すべき問題ではないでしょうか。

普段の食生活や運動をするように気をつければ、便秘は自然に良くなります。

便秘は恥ずかしいことではありません。ひとりで悩まずに家族や医師に相談して、一緒に解決していきましょう。