禁煙イメージ

タバコを吸えないとイライラする上に、頭痛、便秘、眠れない、というような症状がありますよね。

どれか1つだけでも改善できれば良いと思いませんか。

このページでは、禁煙をして便秘になってしまった人や、禁煙を続けているけれど便秘がつらいという人に向けて、禁煙で便秘になる理由やいつまで便秘が続くのか、そのほかに解消法などをまとめています。

こちら

せっかくタバコをやめる決断をして、禁煙を続けられているのですから、その努力を無駄にしないように、まずは便秘から解消していきましょう。

禁煙で便秘になる理由とは?ニコチンを摂取しなくなったことが原因

禁煙の写真

禁煙で便秘になる理由はずばり、ニコチンを摂取しなくなったことが原因です。

ニコチンは、神経に作用する働きと、毛細血管を収縮して血圧を上昇させる働きがあります。

さらにこの物質は、アセチルコリンという神経伝達物質にそっくりです。

ニコチンが神経に作用すると、脳は「アセチルコリンが分泌された」と考えて指示を出します。

アセチルコリンには、腸のぜん動運動を活性化させる働きがあるので、タバコを吸うと便意をもよおすという人が多いのです。

つまり、ニコチンを摂取すると脳は勘違いして、大腸のぜん動運動を活性化する指示を出すということです。

忘れてはいけないニコチンのもうひとつの作用

ニコチンを摂取すると、脳が勘違いしてぜん動運動を働かせると言いました。

こうなると便秘になったときには、タバコを吸ったほうが良いと思いますよね。

しかし、ニコチンには忘れてはいけないもうひとつの作用があります。それは毛細血管を収縮させることです。

毛細血管が収縮すると血流が悪くなり、腸の機能はだんだん低下していきます。

腸の機能が低下すると、自分で排便することが難しくなり便秘になってしまいます。

タバコを吸っていたときは便秘で悩んだことがなかった人が、禁煙した途端に便秘になったら、「禁煙したせいだ」と思ってしまうのは当然です。

本当は禁煙したから便秘になったのではありません。

タバコを吸っていたときから、身体はすでに便秘体質になってしまっていたのです。

禁煙をしたあとの便秘はいつまで続く?

禁煙をはじめてからニコチンが身体から抜けるまでは2〜3日です。

しかし、便秘体質になっている身体は元に戻るまで数日とはいきません。ニコチンが抜けても、腸の機能は落ちたままだからです。

以前のように腸が正常に働くようになれば、かならず便秘は解消されます。

便秘の改善方法を実践すれば、早い人だと1週間ほどで自然に排便できるようになっていきます。

やはり長い間喫煙していた人は、禁断症状が続く期間も長くなります。しかし、便秘は腸の機能が元に戻ればすぐに良くなるので、安心してください。

先の見えない不安からまたタバコを吸う、なんていうことはやめましょう。禁煙しようと思った自分の気持ちを大切にしてください。

まずは1ヶ月。禁煙とともに、便秘とも向き合ってみましょう。

しかし、どうしても便秘が良くならない人や、便秘がつらくてタバコを吸ってしまいそうになる人は、ひとりで抱え込まずに禁煙外来や便秘外来へいき医師に相談してください。

禁煙による便秘を改善する5つの対策と解消方法

タバコが原因で便秘体質になってしまった人は、腸の機能を元に戻す必要があります。

何もせずに腸の機能を回復させるのは時間がかかりますし、悪化してしまう可能性もあります。

オッケー

すぐに実行にうつせる便秘の対策と改善方法5つを紹介します。

いますぐ出したい!すぐにできる対策法

お腹を「の」の字にマッサージする

おへそあたりに手を当てて時計回りに押していきます。

「の」の字を書くようにお腹をマッサージすると腸が刺激されて、排便が促されます。

おへその左横から左下あたりに便が溜まりやすいので、そこを重点的にほぐしましょう。

トイレの便座に付属している温水洗浄を使う

トイレの温水洗浄を使用して、肛門を刺激すると便意をもよおします。

強い水圧で当てたり、毎日使用したりすると、自ら排便する力が衰えてしまうので、その部分は注意が必要です。

どうしても出したいときの緊急措置として使用する際は、弱い水圧で短時間だけ利用しましょう。

時間をかけて改善する解消方法

朝起きたらコップ1杯の水を飲む

寝起きに水を飲むと、腸が水という刺激にすぐ反応して働きます。

便秘が改善できるだけでなく、目覚めが良くなったり血液がサラサラになったりと、デトックス効果も期待できます。

冷たい水は腸を刺激しすぎてしまうため、ぬるめの水や白湯がベストです。

ウォーキングなどの有酸素運動

ウォーキングや踏み台昇降などの有酸素運動をすると、腸のぜん動運動を働かせる神経が活性化されます。

また、有酸素運動は血行を促進する効果があり、血のめぐりが良くなるので、タバコのせいで血流が悪くなっている人にもぴったりです。

禁煙中のストレスでイライラする人には、リラックス効果があるヨガをおすすめします。

栄養バランスを考えた食事をとる

バランスが悪い食生活は、便秘を引き起こしてしまいます。

食物繊維やビフィズス菌、オリゴ糖をバランス良く摂取しましょう。

たとえば、食物繊維はごぼう、ビフィズス菌はヨーグルト、オリゴ糖はりんごに含まれています。

そのほかの便秘に有効な食べ物については、「便秘改善に有効な食べ物とは?食物繊維の水溶性と不溶性について」の記事で詳しく紹介していますので、そちらも合わせてご覧ください。

やってはいけない解消方法

便秘薬を毎日服用し続ける

便秘薬を毎日服用し続けると、タバコを吸うのと同じで腸の機能が低下します。

便秘薬には腸を刺激する成分が含まれています。

この刺激に身体がだんだん慣れていくと依存して、自然に排便できなくなってしまいます。

便秘薬を服用するときは用法用量をかならず守ってください。

食物繊維を過剰に摂取する

食物繊維の過剰摂取は身体に良くありません。

食物繊維は、水に溶けやすいものと、水に溶けにくいものの2種類あります。

水に溶けやすい食物繊維を摂りすぎると下痢になってしまいますし、水に溶けにくい食物繊維は便が硬くなってしまいます。

食物繊維はあくまで15ml〜30mlを目安に摂取しすぎないようにしましょう。

禁煙によるストレスも便秘の原因のひとつ

便秘がつらいからと言って、せっかく断つことができたタバコをまた吸い始めると、今まで我慢していた努力が水の泡になってしまいます。

しかし禁煙でストレスを溜めすぎると、便秘が悪化してしまうため身体に良くありません。

便秘解消法を実践しながら、自分の続けられる範囲で禁煙を続けていってください。

いま禁煙を考えている人は便秘の解消方法とともに、少しずつ本数を減らしたり、吸う場所を決めたりと徐々にやってみてはいかがでしょうか。