妊娠中・産後

便秘を治したい。でも赤ちゃんがいるから下剤は服用できない、そんな妊娠中・産後のつらい便秘の症状に頭を抱えていませんか。

妊娠中・産後はホルモンバランスの激しい変化により、便秘になりやすいといわれています。

とくに妊娠前に下剤をよく使用していた人は、すでに便秘が慢性化している状態にありますので簡単なストレッチや運動だけでは便秘が改善されませんよね。

そんなときに便秘茶はとても役立ちます。

便秘改善の強いサポート役となるので、妊娠中・産後のつらい便秘がナチュラルに治ります。

そもそも便秘茶ってなに?

便秘茶とは、その名のとおり便秘が改善されるお茶のことです。

便秘改善に有効な成分がたっぷり含まれていますので、腸内に溜まった便がしっかり排出されます。

しかしひとくくりに便秘茶といっても数多く種類がありますので、ここではわかりやすいように2種類に分けたいと思います。

  • 下剤成分が含まれている便秘茶(即効性が高い)
  • 腸内フローラを整えて便秘をナチュラルに改善する便秘茶(ゆっくり)

妊娠中・産後に使用するのであれば、後者の「腸内フローラを整えて便秘をナチュラルに改善する便秘茶」を選ぶのが鉄則です。

キャンドルブッシュやセンナなどの下剤成分が含まれている便秘茶」には下痢などの症状を起こす副作用があり、母子ともに悪影響を及ぼしかねないからです。

こちら

くれぐれも気をつけていただきたいので重ねていいますが、妊娠中・産後に便秘茶を使用するなら必ず下剤成分が含まれていない便秘茶を選びましょう。

妊娠中・産後でも安心の便秘茶の選び方

下剤成分が含まれていないのはもちろんですが、そのほかにも注意点はいくつかあります。

次のポイントを押さえた便秘茶であれば間違いありません。妊婦中・産後でも安心して使用できる便秘茶といえるでしょう。

下剤成分が含まれていない

キャンドルブッシュやセンナなどの下剤成分が含まれている便秘茶は、副作用を起こすリスクがありますので妊娠中・産後に使用してはいけません。

妊娠中・産後に便秘茶を使用する場合は、下剤成分が含まれているか、いないかを確認したうえで購入しましょう。

ノンカフェイン

お茶の中にはカフェインが含まれているものが多くあります。もちろん便秘茶も例外ではありません。

妊娠中・産後はカフェインをまったく摂取してはいけないわけではないのですが、母子ともに身体に悪影響を及ぼすリスクがありますので飲用を避けたほうがいいでしょう。

安心の便秘茶を選ぶならやはりノンカフェインの製品をおすすめします。

オリゴ糖・食物繊維がバランスよく含まれている

オリゴ糖や食物繊維には腸内のはたらきを活発化させたり、善玉菌を増やしたりする作用があります。

どちらも便秘改善にかかせない栄養素ですが、ただ摂取すればいいわけでなく、バランスよく摂取することも忘れてはいけません。

栄養素が偏っている製品では十分な効果が期待できないからです。

しかし、栄養素がバランスよく含まれているかの判断は難しいところですよね。それなら「すっきり贅沢抹茶」を試してみてはいかがでしょうか。

すっきり贅沢抹茶をおすすめする理由

下剤成分が含まれていないから

すっきり贅沢抹茶には、センナやキャンドルブッシュなどの下剤成分が一切含まれていません。マタニティー用の便秘改善茶として作られていますので、安全性がとても高い製品といえます。

ノンカフェインだから

すっきり贅沢抹茶は下剤成分だけでなく、カフェインも含まれていないので妊婦さんでも使用することができます。

カフェインは緑茶やウーロン茶などの一般的なお茶にも含まれているので、妊娠中・産後は飲用しないように気をつけなければいけません。

今もカフェイン入りのお茶を飲んでいる人は、すっきり贅沢抹茶に置き換えをするといいと思います。

オリゴ糖・食物繊維がバランスよく含まれているから

すっきり贅沢抹茶は、ガラクトオリゴ糖やグア豆由来成分の食物繊維がバランスよく含まれています。

そのうえほうれん草や桑の葉の「葉酸成分」、生きたまま腸に届く「ビフィズス菌BB536」と胃酸や熱に強い「有胞子性乳酸菌」も含まれていますので、妊婦さんに必要な栄養素をすっきり抹茶で補うことができます。

妊娠中の便秘を改善するなら「すっきり贅沢抹茶」がおすすめ

すっきり贅沢抹茶

  • 下剤成分が含まれていないから
  • ノンカフェインだから
  • オリゴ糖・食物繊維がバランスよく含まれているから

キャンドルブッシュを含む便秘茶は低カリウム血症に…

低カリウム血症という病気をご存知でしょうか。

低カリウム血症とは、血液中のカリウム濃度が低下している状態のことをいいます。

妊娠中はつわりにより、産後は母乳により、母体のカリウムの量が減少しやすい状態にあります。

キャンドルブッシュなどの下剤成分は副作用として下痢の症状が起こるリスクがあり、さらにカリウムの量を減少させてしまう恐れがあります。

そのまま治療をおこなわないと循環器病にかかるリスクが加わるうえ、妊娠中の場合は早産や赤ちゃんの未熟性のリスクも高まりますので、妊娠中・産後のキャンドルブッシュ成分の摂取は控えたほうがいいでしょう。