便秘による肌荒れ

肌荒れの原因は、生活環境の変化やストレスなどさまざまですが、そのひとつに便秘があるということをご存知でしょうか。

このページは便秘が原因で肌荒れになるメカニズムを紹介しています。

しっかり理解して改善方法を身につけていきましょう。

便秘で肌荒れになるメカニズム

オッケー

便秘になったときの身体の変化を知ることで、肌荒れになるメカニズムがわかります。

肌荒れはターンオーバーの乱れが原因

肌にはターンオーバーという生まれ変わりの周期があります。

正常にターンオーバーがおこなわれていれば、新しい角質が作られたときに古い角質やメラニンが剥がれ落ち、シミやくすみのないキレイな肌を保つことができます。

しかしターンオーバーが乱れると、肌の機能が低下してカサカサ肌になったりニキビができたり。

それだけでなく、シミや黒ずみの原因であるメラニンが剥がれ落ちないので、皮膚の奥へ色素が染み付いて取れなくなってしまいます。

便秘は肌のターンオーバーを乱れさせる

便秘になると、「腸内に悪玉菌が増加する」「血行が悪くなる」という大きなデメリットがありますが、これらはターンオーバーが乱れる原因につながります。

では、なぜ便秘になるとターンオーバーが乱れてしまうのでしょうか。

腸内に悪玉菌が増えると腸内環境が悪化し、その機能が衰えて便が体外へ排出されづらくなります。

このように便が腸内に止まると有害物質を発生させ、この物質を腸が吸収してしまいます。

その後、血液にまで有害物質が溶け込んで全身にめぐり、皮膚にも悪影響をあたえます。

つまり、腸内で発生した有害物質にはターンオーバーを抑制する働きがあるため、便秘になると肌荒れやニキビができてしまうのです。

肌荒れは生活環境やストレスも原因のひとつ

便秘のほかにも生活環境の変化やストレス、禁煙なども肌荒れを招きます。

とくに禁煙は肌荒れだけでなく、便秘とも深い関係があります。

タバコに含まれるニコチンは、腸の機能を低下させて身体を便秘体質にしてしまうのですが、それと同時に排便を促すはたらきがあるからです。

禁煙と便秘の関係性については、「禁煙すると便秘になる原因と解消方法」の記事を合わせてご覧ください。

こちら

肌荒れを改善するためには生活環境を見直して、ストレスを発散することも大事です。しかし、まずはそのつらい便秘を解消しましょう。

便秘のときに薬を服用しても肌荒れは解決しない

便秘になるとぽっこりとしたお腹の張りも気になり、すぐに薬の力を借りてしまうという人も多いのではないでしょうか。

薬を服用するとすぐに腸内の便は排出されますが、肌荒れは良くなりません。

なぜ、「下剤や便秘薬」「漢方薬」「肌荒れ用の薬」を服用しても肌荒れが改善されないのか、その理由をまとめました。

下剤や便秘薬

下剤薬は、腸のぜん動運動を促進して強制的に排便させるというその場しのぎの方法になります。

下剤薬を服用しても根本的に便秘が解消されるわけではないので、肌荒れは良くなりません。

漢方薬

漢方薬は、湿疹やかゆみなどの肌トラブルを引き起こす可能性があります。そのため、便秘が原因の肌荒れに悩んでいる人は、肌トラブルがますます悪化してしまうかもしれません。漢方薬がもともと体質的に合わない人は、服用するのはやめておきましょう。

肌荒れ用の薬

いくら入念にスキンケアしたり、薬を塗ったりしても便秘を解消しない限りは肌荒れが治りません。

薬を服用しても便秘は根本的に解決できず、症状をさらに悪化させてしまいます。きちんと便秘を治さないと肌荒れは一向に良くなりませんので、まずは薬に頼らずに生活環境や食生活を見直しましょう。

肌荒れの要因である便秘の改善方法はお茶がベスト

便秘は薬に頼らずに食べ物で改善することが、身体へ負担のかからない良い方法だといえます。

しかし、水分や食物繊維、サプリメント、ヨーグルト、オリゴ糖といった便秘解消に有効な食べ物を毎日摂取するのは意外と大変ですよね。

食べ物だけの摂取では、なかなか便秘が解消できないようであれば便秘茶を試してみてはいかがでしょうか。

お茶なら簡単に用意できるうえに、飽きることもなく毎日続けられます。

便秘茶のなかには美肌効果が期待できる成分がふくまれている商品もありますので、便秘を解消しつつ綺麗なお肌を手に入れることもできます。

便秘茶ランキング|便秘に効く!副作用のない安心のお茶」の記事でおすすめの便秘茶を紹介していますので、そちらも合わせてご覧ください。