センナ茶

センナ茶はマメ科ジャケツイバラ亜科センナ属の植物であり、センノシドという下剤効果のある成分がふくまれています。

センナは下剤効果があるため医薬品として扱われていますが、センナ茎の部分のみ非医薬品となり食品として扱われます。

センナ茶は茎の部分のみを使用して作られていますので基本的には食品になり医薬的な効果はないといわれています。

しかしセンナに下剤効果があるとしたら、センナ茶にも下剤薬のような排便活動がおこなわれづらくなる、いわゆる依存性があるのか気になるところですよね。

結論からいうとセンナ茶の飲用を続けることで効き目が弱くなり、さらには排便力が低下する可能性すらあります。

ようするに医薬品か、食品かの違いはありますが依存するというデメリットの部分は同じになります。

ストップ

センナ茶はくれぐれも飲み過ぎに注意すること、長期間の使用をおこなわないこと、を念頭に置いたうえで使用するようにしましょう。

センナ茶を飲み続けるとどうなる?その副作用とは?

センナ茶の画像

通常、腸内のぜん動運動というゆっくりとした運動で食べ物が少しずつ出口のほうへと運ばれていきますが、ぜん動運動のはたらきが鈍くなると食べ物がなかなか出口まで運ばれません。これがいわゆる便秘になります。

センナ茶を飲むとぜん動運動のはたらきがさらに悪化し、腸管機能そのものが低下しますので自力で排便ができなくなります。

この状態を下剤性依存といい、これがセンナ茶の副作用です。

たかがお茶と思って知らずに飲んでいると、取り返しのつかないことになりかねません。

センナ茶を飲み続けるといずれ自然排便ができない体質になってしまうからこそ、長期的に飲用してはいけないといわれているのです。

妊娠中にセンナ茶を飲んではいけない

センナ茶の画像

センナ茶は健康な人が飲んでも副作用が起こるくらいですから、妊娠中の飲用は避けるべきです。なぜなら妊娠中にセンナ茶を飲用すると子宮収縮を起こす可能性があるからです。

妊娠中に子宮収縮を起こすと流産や早産になるリスクが高まりますので、絶対に飲用してはいけません。

妊娠中の便秘に困っているなら、「妊娠中・産後でも安心して使用できるおすすめの便秘茶」のページを合わせてご覧ください。

センナ茶をダイエット目的で飲むのは危険

センナ茶を飲むと便が排出されるので、たしかに体重は減りますが、便が出ただけで根本的なダイエットにはなっていません。

このダイエット方法は、便秘薬を服用してダイエットするのと同じことです。

センナ茶には下剤依存症という副作用があり、ダイエット目的で飲むのは危険です。

飲み続けると腸機能が低下していって、最終的には自然に排便ができなくなってしまいます。

便を排出するのに有効なセンナ茶

センナ茶の画像

センナ茶には便秘そのものを改善する効果はありませんが、便を排出することには長けています。

どうしても便が排出されなくて苦しい、そんな時のお助けアイテムとして使用するにはよいとおもいます。

センナ茶なら便を排出するのと同時にリラックス効果も得られますから、下剤薬よりもナチュラルに排便が促されます。

リラックスと便秘が関係あるのとおもわれるかもしれませんが、ストレスが溜まると便秘になるので関係がまったくないわけではないのです。

またお茶なので下剤薬よりも量の調節がおこないやすいメリットもあります。

飲む量の加減がおこなえますから、効き目を調節しつつ飲用することができます。

こちら

リラックス効果があること、量の調節がおこないやすいことから下剤薬で便秘を解消するくらいならセンナ茶を利用したほうがよいといえます。

センナ茶とキャンドルブッシュをふくむ便秘茶の違い

センナ茶に下剤成分が含まれていることを理解してもらえたと思います。

じつは、そのほかにも下剤にちかい成分センノシドが含まれている便秘茶があるのです。それがキャンドルブッシュになります。

キャンドルブッシュにはセンナ茶と同様の成分が含まれていますから、当然ながら飲み過ぎると効き目が弱くなりお茶を飲んでもだんだん便秘が排出されない症状におちいります。

しかしセンナ茶とキャンドルブッシュを含む便秘茶には決定的な違いがあります。それは一緒に含まれている成分です。

センナ茶はセンナ茎の成分のみしか含まれていませんが、キャンドルブッシュを含む便秘茶には便秘改善に有効な食物繊維やミネラル、乳酸菌なども合わさっています。

そうするとバランス良く腸に効くため下剤薬よりも、センナ茶よりも依存性が少なく身体に優しく作用するのです。

センナ茶で便を排出するのであれば、まずは便秘茶を試されてみてはいかがでしょうか。

便秘茶ランキング|便秘に効く!副作用のない安心のお茶」のページでおすすめの便秘茶を紹介していますので、そちらを合わせてご覧ください。