便秘茶は飲むタイミングが決められていません。

基本的にいつ飲んでも大丈夫なのですが食事と一緒に摂取すると吸収が高まり、より効果が実感しやすくなります。

こちら

表記されている抽出時間で飲んだけど効果が実感できなかった、そんな人は飲食時のお茶を便秘茶に変えてみるといいです。

便秘茶の正しい飲み方

便秘茶の正しい飲み方をご存知でしょうか。

結論からいうと、正しい飲み方を知らずに便秘茶を使用するのは避けたほうがいいです。

なぜかというと便秘茶には、たいていキャンドルブッシュというアントラキノン系下剤にちかい成分センノシドが含まれているからです。

「それって下剤薬のように慢性化しないの?」と不安に思われるかもしれませんが、便秘茶はアントラキノン系下剤ほど効果が高くないので目安量を守っていれば身体に悪影響を及ぼすことはありません。

しかし飲みすぎると下剤薬と同等の効果がありますので、便秘が慢性化するリスクが伴います。

参考記事「キャンドルブッシュは副作用が起きる?危険?

そう聞くと便秘茶を使用するのを躊躇してしまうと思いますが、だからといって便秘茶を使用しないで便秘をそのままにしておくと腸内が圧迫されていく一方ですし、水分をどんどん吸収して溜まった便が硬くなり腸内の状態がさらに悪化します。

やはり食べたものは、しっかり排出しなければいけません。

先ほど便秘茶は飲みすぎるとリスクがあるといいましたが、逆をいえば飲み方にさえ気をつけていれば使用しても問題ないうえ、下剤薬よりも身体に優しく作用するので日常的に飲用しやすいといえます。

飲む量を増やしていくと慢性化しかねないので、「飲む量をだんだん減らして使用すること」が便秘茶の正しい飲み方になります。

自分の加減を知ることが大切

まずは自分に合った加減を知る必要があります。

これを知らずにいきなり表記されている目安量よりも煮出しすぎたり、多く飲みすぎたりすると軟便や腹痛を起こして、便秘が治りにくくなる可能性すらあるからです。

こちら

重ねてになりますが便秘茶はだんだん量を減らして使用するのが鉄則になりますので、くれぐれも飲みすぎないように気をつけましょう。

  1. はじめは薄くして少量で飲む

    はじめて便秘茶を飲む人は、表記の目安よりも抽出時間を短くして、少量だけを飲むことがポイントです。

    パンパンに張ったお腹を今すぐどうにかしたい、という気持ちも分かりますがここはぐっと我慢して経過をみましょう。

    1日経っても便が排出されなかったら飲む量を少し増やしたり、前よりも濃く煮たしたりしてみてください。

  2. 効果が実感できなかったら濃くする

    便秘茶は抽出時間や飲用量ですっきり効果が大きく変わる特徴があります。

    長く煮出すほど、飲む量が増えるほど、効き目が高くなりますのでどちらかを調節しながら飲むのがベターです。

    個人的には飲む量は変えずに抽出時間を長くしたほうが調節しやすいと思います。決まりはないので自分がおこないやすいほうで、ちょうどいいさじ加減を測りましょう。

    逆に効きすぎてしまったら?

    効きすぎてしまったら飲用量を減らしたり、抽出時間を短くしたりして調節をおこないましょう。

    それでも体調が優れないようであれば2、3日使用を辞めてみて、再開しても腹痛や軟便になるようであれば体質に合わないと考えられますので使用を中止することをおすすめします。

  3. 便秘が改善してきたらだんだん飲む量を減らしていく

    2、3日便秘茶を使用して溜まった便があるていど排出されたら、飲む量をだんだん減らしていきましょう。

    溜まった便を排出したら、また便秘を繰り返さないように腸内フローラを整えることが肝心です。

    キャンドルブッシュがふくまれている便秘茶は、善玉菌を増やして便秘そのものを改善するのではなく、腸のぜん動運動を刺激して便を排出させるので、その場しのぎの効果となるためです。

  4. 腸内フローラを整える

    そもそもの便秘の原因をご存知でしょうか。

    腸内には善玉菌と悪玉菌、そのどちらでもない日和見菌に分かれています。悪玉菌が善玉菌よりも優勢状態になると腸のぜん動運動が鈍くなり、便秘になります。

    ようするに便秘を改善するには善玉菌を増やして、悪玉菌よりも多い状態を保たなければいけません。これが腸内フローラを整えるということです。腸内フローラの整え方は「腸内フローラを整えて便秘改善」に詳しく記載されていますので、そちらも合わせてご覧ください。

便秘茶を飲むタイミング【まとめ】

忘れてはいけないのが便秘茶を飲んだからといって、便秘体質が改善されるわけではないことです。

腸内環境を整えないことには便秘体質は治りませんので、日頃から食物繊維を摂取したり、腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖を摂取したりすることを積極的におすすめします。

便秘茶は正しく使用すればとても便利なアイテムとなり、溜まった便を排出する強力なサポートをしてくれます。

しかしすべての便秘茶が信頼できる製品とは限りません。

中には十分な効果が期待できない製品もありますので便秘茶は正しく選ぶことも大切です。

便秘茶ランキング|便秘に効く!副作用のない安心のお茶」のページでは、信頼性の高い便秘茶を紹介しています。ほとんどの便秘茶が返金保障付になっていますので、自分の身体に合うかを試しているのはいかがでしょうか。